小学部の教育

小学部では、児童、保護者の教育的ニーズに基づき、児童一人一人のコミュニケーションモードに即した二つの学習形態を編成し教育活動を行っています。


聴覚口話+手話付きスピーチグループ

■指導のめあて

日本語の読み書きの力・日本語で考える力を育むために、補聴環境を整え聴覚活用・発音・読話・手話付きスピーチ・視覚的教材の活用など、専門的な配慮をしながら日本語を使って学習し、「生きる力」の向上を目指します。

■三つの力を身につけます

□「個に応じた学習指導」により確かな学力を育みます。
□「児童会活動、行事などの集団活動」を通して豊かな人間性を育てます。
□「体育科や体育的行事、業間休み、給食指導」等を通して健康維持と体力の向上を図ります。


日本手話グループ

■指導のめあて

日本手話は日本語と異なる文法を持つ、ろう児にとって自然に身につけることのできる第一言語です。日本手話環境を整え、日本手話を基盤として日本語の読み・書きの力、学ぶ力を育てます。

■三つの力を身につけます

□「合同自立」等の取り組みを通して日本手話の力、伝え合う力を高めます。
□ゲストティーチャーを活用した学習を計画し、社会参加への基盤を培います。
□個に応じた指導の方法・形態を工夫し、学ぶ喜びを育てます。


▼活動の様子はこちら